ちびこの兼業ママ・ライフ

フルタイムで働くママの日常を綴ります。

出産

けいれん(子癇発作!?)で全身麻酔による緊急帝王切開の記録(長女・第一子)

投稿日:

スポンサーリンク

私は第一子の長女を第41週2日で緊急帝王切開で出産しました。
当初、個人のクリニックに通っていたのですがいろいろあって救急車で総合病院に運ばれ緊急帝王切開に。
そのときの流れの記録を綴りたいと思います。

1.個人クリニックへ入院

予定日を過ぎても陣痛も来ず子宮口も閉じたままということでなかなか産気づかず・・・。
検診も3日に1回になり、自治体からの補助の紙がなくなり毎回検診のお金が手出しで金銭的にもつらかったです。

そんなときにおしるしが!これはそろそろ!?ということでドキドキしていると陣痛らしき痛みが!
10分おきだったので病院に行くもまだ子宮口が開いてないとのことで帰され家で悶絶してましたが、だんだん感覚も短くなってきていろいろありやっと入院の許可が出ました。

入院しても陣痛はあるもののなかなか子宮口が開かず、子宮口が開くように病棟の廊下をのろりのろりと散歩。
その後先生に痛いと噂のオマタをグリグリされてやっと開いてきたかなという程度。
すると陣痛がきたときに一緒にいきみたくなって、ついいきんでしまう私。
助産師さんにはいきまないで呼吸法をしっかり!と言われながらもうパニックで何回もナースコールを押してしまいました。
助産師さんのまたコイツか、という顔が忘れられません(^_^;)

何回もパニックになって迷惑をかけていた私ですが超音波検査をすると赤ちゃんが逆子まではいかないまでも横位になっているようなので帝王切開しようか、ということになりました。このときの私はやっとこの痛みから解放される!とホッとして早く麻酔してくれーと思ってました。時刻は10時ごろだったかな?準備するからちょっと待って、と陣痛室で待たされてたのですが、赤ちゃんが今にも産まれそうな妊婦さんが到着したらしく放っとかれる私。陣痛の波に耐えていたところ、ダンナが到着。

実はそこらへんからあまり記憶がないのです。

ここからはダンナ談。

到着すると私が1人で顔が青ざめて白目むいて口から泡がぶくぶく出ていて痙攣していたとのこと。このとき嫁が死んだ!と思ったらしいです。ちょうど助産師さんが1人廊下を通りがかったらしく来てもらい、事態の深刻さに気付いたようで、ダンナに心臓マッサージして!ということで一生懸命心臓マッサージをしたらしい。おかげで産後肋骨が痛かったです。

痙攣とか起きるとここの病院では無理なので総合病院へ行ってくれとのことで救急車で総合病院へ向かいました。ダンナは自分の車で総合病院へ。
救急車に乗る前に院長先生が「がんばっておいで」と握手してくれ、助産師さんが同乗して総合病院までつきあってくれました。

スポンサーリンク

2. 総合病院へ到着

総合病院へ到着して個人クリニックからつきあってくれた助産師さんが総合病院の看護師さんに状況を説明して助産師さんはタクシーで帰っていきました。

すぐ手術なのかと思っていたら最初にレントゲンを撮るとのこと。お腹が大きいのに体をまるく曲げるというのがつらかったです。
そのときの先生が大丈夫ですよーと何回も言ってくれてパニック状態だった私は安心しました。
さあ手術、というところでまたまた私が痙攣を起こしたらしく、急遽全身麻酔による帝王切開に切り替えられたのでした。

3. 全身麻酔による緊急帝王切開

日付が変わって深夜2時に娘が産まれましたが全身麻酔だったので当然記憶もなく。ただ手術後運ばれているときに、意識もうろうとした中ダンナと両親の顔が見えたのを覚えています。深夜でしたがダンナが私の両親に連絡してくれたみたいです。その後酸素マスクをつけられて翌朝まで休みました。赤ちゃんは無事でしばらくNICUに入るとのこと。
翌日にお腹がペタンとしていたので赤ちゃん産んだんだなーと思いましたがあまり実感もなく。看護師さんからはいろんな器具をとりつけられている娘の写真をもらいました。かわいい、と思うより先に「頭デカッ!」と思ったのは娘には内緒。

4. 子癇発作!?

私は産む直前に痙攣(けいれん)発作が起きましたが、痙攣がおきることを「子癇(しかん)」と言うらしく、それかもということで産後いろいろと検査をすることに。子癇発作で亡くなるお母さんもいるらしいです。

全身麻酔で産まれてきた我が子ですが、全身麻酔をすると赤ちゃんまで麻酔が回ってしまうらしく、なんらかの障害が出る子もいるのでNICUにしばらく入院して様子を見ることに。4日ほどNICUにいることになるのですがその間は授乳もないし面会も限られていて暇を持て余してました。

その間に私はいろいろ検査をするのですが、特に異常もなく。てんかんを持っているか聞かれましたがそんな持病もなく、脳波も異常なし。
娘も問題なし、とのことで一般病棟にうつることができました。

5. まとめ

子も子癇発作や全身麻酔の影響はなくすくすく元気で結局、子癇発作と呼ぶには条件がそろわないようでした。出産のパニック状態からけいれんなど起きたのではないか、とのこと。パニック状態からとのことで恥ずかしい・・・。
娘に障害が残るかも?と心配でしたが何事もなくよかったです。
出産はやっぱり何が起こるかわかりませんね。これから出産に臨まれる妊婦さんには私のようにパニックにならず、難しいでしょうが落ち着いて出産に臨んでくださいね。

スポンサーリンク

-出産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

予定帝王切開の流れ・私の場合(第二子)②

スポンサーリンク 私の第二子の予定帝王切開の流れ①からの続き  ちびこの兼業ママ・ライフ予定帝王切開の流れ・私の場合(第二子)①http://kengyou-mamalife.com/syu …

出産祝いでもらってうれしいのは子供服!またせっかくもらったのに使わなかったプレゼントは?

スポンサーリンク 友達や同僚が出産したとき、おめでとう!という気持ちとともに悩むのが出産祝いのプレゼントですよね。私は2回出産しましたがお祝いをいただけるというだけでその気持ちがうれしいものですが、欲 …

出産手当金・育児休業給付金はいつ振り込まれるの?私の場合は・・・

スポンサーリンク 今、結婚しても辞めずに働く女性って多いですよね。 結婚してからも仕事を続け、妊娠・出産した場合、いろいろと条件もありますが出産・育児にかかるお金として出産手当金と育児休業給付金などが …

予定帝王切開の流れ・私の場合(第二子)①

スポンサーリンク 第一子で緊急帝王切開だった私。 詳細はこちら↓ ちびこの兼業ママ・ライフけいれん(子癇発作!?)で全身麻酔による緊急帝王切開の記録(長女・第一子)http://kengyo …

1歳の誕生祝いに西松屋のギフトカードをもらいました♪

スポンサーリンク 長男がもうそろそろ1歳。 ということで先日親戚の方から西松屋のギフトカードをもらいました。 しかも1万5千円分! 西松屋のギフトカードはカード型で自由な金額をチャージする形式みたいで …

プロフィール

 <ちびこ プロフィール>

フルタイムで働くアラフォー兼業主婦です。
2013年に長女、2016年に長男を出産し、6月に育休から仕事復帰してドタバタな毎日を送っています。


にほんブログ村

スポンサーリンク