ちびこの兼業ママ・ライフ

フルタイムで働くママの日常を綴ります。

妊活

2人目妊活時代を振り返る⑤いろいろ試した妊活グッズ

投稿日:

スポンサーリンク

久しぶりの2人目妊活時代を振り返るシリーズ、④はこちら→

前回の記事からだいぶ経ってますが(^_^;)記憶を呼び起こしながら振り返りたいと思います。

再び妊活開始。無事妊娠!

せっかく妊娠するも流産し、その手術が失敗だったのか2度手術するはめに。
そのときに子宮筋腫もみつかり手術の日程を決めるも、自然に筋腫が落ちてなくなり手術中止に。
そのときに子宮を超音波で見てもらうもキレイになっているので妊活再開してもいいですよとの先生からのお言葉。
やっと、やっと妊活を再開できる!!と天にも昇る思いでした。
これからがスタートなんですけどね・・・。
本当は2歳差の姉弟が希望だったのですがこの時点で難しくなっていました。
流産した子があのとき流産しなければ2歳差の姉弟だったんですが(日本語がおかしい)人生うまくはいかないものです。

でもその後妊活グッズなどもいろいろ取り入れて3周期目くらいで無事妊娠しました!
子宮筋腫のアフターフォローで3か月後に一応病院へ来てくださいとのことで、総合病院は予約済みだったしちょうどいいタイミング!
診察で実は妊娠したかも・・・というと先生が超音波で見てくれて、赤ちゃんが見えるけどまだ心拍確認までには早いので2週間後にもう一度来てとのこと。
一応前回の流産のこともあったので心拍確認までは有頂天にならずソワソワした日々を過ごし、2週間後無事心拍が確認できました。
希望していた2歳差ではなく3歳差の姉弟になりました。

このときの妊活でいろいろなことを試しましたが、誰かの参考になればと振り返ってみます。

1.排卵検査薬

前回の妊活でも今回の妊活でも大活躍したのがコレ↓

これは第1類医薬品ということで薬剤師さんがいる薬局・ドラッグストアでしか買えません。
しかも薬剤師さんがいる時間帯だけなので私の近所では日曜日は買うことができませんでした。
やっぱり検査薬を使うほうが確実に排卵日がわかるので必需品ですがちょっとお高いです。
今はネットでも買えるみたいですね。
外国製の安い排卵検査薬を使っているという子も周りにいましたが、私はちょっと信用性とかいろいろ考えてしまってそこには手を出しませんでした。
排卵日が近くなるにつれて判定窓のラインが濃くなっていくのですが、これがナカナカ難しい。
とりあえずラインがうっすら出だしてからはほぼ毎日子作りにチャレンジしました。
毎朝検査してほぼ陽性ならダンナに「今日お願いします!」と声をかけていました。
もうムードのへったくれもないですね(^_^;)

スポンサーリンク

2.たんぽぽ茶 ショウキT-1プラス

妊活にはたんぽぽ茶がいいとは会社の先輩から聞いていました。
その先輩が通っていた不妊治療専門の病院の待合室にはたんぽぽ茶がだれでも飲めるように置いてあったそうです。
そんなときに新聞でみた地元の薬局の広告。そこには不妊症専門の店と書いてあり興味がてらHPをのぞいてみることに。
そこに載っていたのが「ショウキT-1プラス」というたんぽぽ茶。

この薬局に相談に行こうかとも思ったのですが、なかなか時間も取れなかったのでネットのクチコミなどいろいろ見てこの「ショウキT-1プラス」を一つ買ってみました。
これはレトルトパッチになっていてお茶がそのままはいっているので、コップに出してそのまま飲むだけ、というお手軽なもの。
一応レンジで温めたほうがいいとどこかのHPで見たので20秒ほど温めてから朝に飲んでいました。
本当は朝晩飲んだほうがいいと書いてありましたが、30袋入って約1万円で値段が高い!!
まずは半年飲むことをお勧めと書いてありましたが、飲み始めてすぐ効果が出ればいいけど妊娠しなければエンドレスで飲むことに。
いつまで続くかわからないのに毎月約2万も捻出できません。
ということで私は朝だけ飲んでいました。
味自体は普通のお茶でおいしかったです。
一度手を出すと辞めづらくなって毎月購入、結局3箱を飲み切るくらいで妊娠しました。
不妊クリニックに通っている会社の40歳間近の先輩もこのお茶を飲んでいたのですが、自然妊娠していたのでこのお茶の効果はあったのかな?

3.よもぎ蒸し

グッズではないけれど、妊活を開始してからちょくちょく通ったのがよもぎ蒸しです。
よもぎ蒸しとは韓国では600年以上前から出産後に行われていた療法で、肛門と子宮の粘膜からヨモギの蒸気を吸収させ、下半身から温める韓国の伝統的・民間療法だそうです。ハーブテントと呼ばれるものもよもぎ蒸しと一緒の原理なのかなあ?
要はすっぽんぽんになってマントをかぶって座器に座り、よもぎを煮出した蒸気を30分ほど女性の陰部にあてるというもの。
これが結構クセになるんです!
蒸気が直接陰部にあたるので子宮に効いてる!という感じがするし汗もたくさん出てデトックスにも。
下半身は温まるし肌もつるつるになります。
妊活に限らず冷えは女性には大敵ですし、冷え性改善には持ってこいだと思います。
子宮筋腫の手術前によもぎ蒸しをして、その1週間後くらいに筋腫?がボロっと落ちた経験がありますが勝手によもぎ蒸しのおかげだと思ってます。
今回の妊活も定期的に子宮を温めて赤ちゃんを迎えやすい体になったおかげで妊娠したのかなーと勝手に思ってます(^_^;)
近所によもぎ蒸しサロンができて通いやすかったからというのが続けることができた一番の理由なんですけどね。
そのサロンのオーナーのお子さんが娘と同じ保育園に通っていたので、いろいろ情報も聞くことができてありがたかったです。
ただ、料金は1回につき4,000円。本当は毎週通いたいところですがお財布的に厳しいので月に1回くらいの頻度で通ってたかなあ?
すっかりよもぎ蒸しにはまってしまった私は産後もよもぎ蒸しに通いました。
最近は忙しくて通えてないけどまた行きたいなあ。

以上が妊活していたときに試したものです。他にもお酒を控えたりしたかなあ?誰かの参考になれば・・・。

スポンサーリンク

-妊活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天キレイドナビがいつのまにか無料に!

スポンサーリンク 私は1人目の長女出産後、2人目を考えるもなかなか2人目を授からず2年近く妊活をしてました。 やっと2人目を妊娠するも流産となってしまい・・・流産手術後なかなか妊娠反応が消えずに再手術 …

2人目妊活時代を振り返る④子宮筋腫手術、のはずが・・・

スポンサーリンク 勝手に2人目妊活時代を振り返るシリーズ③からの続き 一度流産手術をするものの妊娠反応が消えず、もう一度流産手術をした私。 2回目の手術の際にどうやら子宮筋腫がある、とのことでが発覚。 …

2人目妊活時代を振り返る③流産手術後も妊娠反応が消えず・・・2ヶ月後にもう一度手術することに

スポンサーリンク 2人目妊活を振り返るシリーズ3回目。1、2回目はこちら→①、② 妊娠反応が消えない・・・ 流産手術をしてから2週間ごとくらいに病院へ通ってましたが、一向に妊娠反応が消えませんでした。 …

2人目妊活時代を振り返る①なかなか赤ちゃんができない・・・

スポンサーリンク 私ちびこが結婚したのが2012年10月。 その約2ヶ月後に妊娠判明し、順調に妊婦生活を送り、32歳で2013年に長女を出産しました。 長女を妊娠したときは特に子供を作ろう!とがんばっ …

2人目妊活時代を振り返る②せっかく妊娠したものの流産に。実は子宮奇形!?

スポンサーリンク 2人目妊活を振り返るシリーズ2回目。1回目はこちら→① 流産手術当日 流産手術の当日は付き添いが必要とのことだったのでダンナに会社を休んでもらいました。 このとき長女は1歳半くらいで …

プロフィール

 <ちびこ プロフィール>

フルタイムで働くアラフォー兼業主婦です。
2013年に長女、2016年に長男を出産し、6月に育休から仕事復帰してドタバタな毎日を送っています。


にほんブログ村

スポンサーリンク